WEB技術の辞書・解説・使用例

TOP > HTML >  HTMLタグ辞典 >  <link>
<link>  ヘッダー 

関連ファイルを定義するタグ。


前後のページ関係など関連するファイルを記述します。<LINK>タグは<HEAD>~</HEAD>間で使用します。

linkタグで用いる主な属性

●rel="リンクタイプ"・・・・・・・・ この文書からみた別の文書との関係
●href="URI"・・・・・・・・・・・・・・ 関連文書のURI

linkタグで用いるその他属性

●rev="リンクタイプ"・・・・・・・ 別の文書からみたこの文書との関係
●type="MIMEタイプ"・・・・・・・ 関連文書のMIMEタイプ。ブラウザが対応していない形式のデータを無駄に読み込ませないために指定します。
●target="フレーム名"・・・・・ 関連文書を表示させるフレーム名
●charset="文字セット"・・・・ 関連文書の文字コードセット
●hreflang="言語コード"・・・・ 関連文書の言語コードセット
●media="メディアタイプ"・・・ 関連文書が出力するメディアタイプ。デフォルトは「screen」。

rel属性で用いる主な値

HTML4.01では以下のリンクタイプが定義されており、

●stylesheet 外部スタイルシート
●start 最初の文書
●next 次の文書
●prev 前の文書

rel属性で用いる主な値

HTML4.01では以下のリンクタイプが定義されています。
<link rel="xxx" href="URI"> のように記述します。

●alternate 代替バージョンとなる文書
●contents 目次
●index 索引
●glossary この文書で使用されている用語集
●copyright 著作権について書かれた文書
●chapter 章
●section 節
●subsection 項
●appendix 付録
●help ヘルプのある文書
●bookmark ブックマーク集

サンプルコード


<head>
<title>ページタイトル002</title>
<link rel="stylesheet" href="/style.css" type="text/css" media="all" />
<link rel="index" href="/index.htm" /> ←indexページとの関係
<link rel="contents" href="/mokuji.html" /> ←目次ページ
<link rel="search" href="/search.html" /> ←検索ページ
<link rel="help" href="/help.html" /> ←ヘルプページ
<link rel="prev" href="/001.htm" /> ←前のページ
<link rel="next" href="/003.htm" /> ←次のページ
</head>





HTMLの一般属性

属性説明
class="~"クラス名を指定。使用例
id="~"IDを指定します。使用例
style="~"スタイルシートを直接記述。使用例
title="~"タイトルを指定します。
dir="ltr|rtl"文字の表示方向を指定。 ltr(左から右)、rtl(右から左)
lang="~"言語を指定。日本語の場合は"ja"