WEB技術の辞書・解説・使用例

TOP > HTML >  HTMLタグ辞典 >  <meta>
<meta>  ヘッダー 

文書に関するメタ情報を設定するタグ。

<meta>タグは<head>~</head>の間に記述します。


通常表示されることのない文書に関する情報(メタ情報)などを設定し、検索エンジンなどに知らせるためのタグです。ページのキーワードやページの説明などが主にあります。


●文字コードの指定
「UTF-8]「シフトJIS」の場合は「shift_jis」、「EUC」の場合は「EUC-JP」、 「JIS」の場合は「iso-2022-jp」を指定します。 文字コードの指定を忘れたり、間違って指定した場合は文字化する場合があります。

文字コードの指定は、<TITLE>~</TITLE>内などで日本語が現れる前に行う必要があります。

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=iso-2022-jp">



●文書の説明・キーワードの指定
そのHTMLコンテンツに適したキーワード(keyword)を指定します。

<meta name="keywords" content="英語,英単語,TOEIC">

●文書の説明
その文書の説明(description)を指定します。検索エンジンで利用されるので、慎重に言葉を選んでください。

<meta name="description" content="TOEICを短期で高得点を狙うノウハウを紹介しています。">


●検索ロボットの制御
検索ロボットに対して登録されないよう(noindex)、また文書内のリンクをたどらないように(nofollow)指定しています。 この指定はすべての検索ロボットに対して有効ではなく、この情報を参照する紳士的な検索ロボットに対してのみ有効です。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

●基準スタイルシート言語の指定
その文書のデフォルトのスタイルシート言語とスクリプト言語を指定します。 タグに直接style属性でスタイルシートを指定する場合などに、ここで指定した言語であると解釈されます。 指定をしなくてもブラウザが自動的に判断します。

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">


●基準スクリプト言語の指定
その文書のデフォルトのスタイルシート言語とスクリプト言語を指定します。 タグに直接style属性でスタイルシートを指定する場合などに、ここで指定した言語であると解釈されます。 指定をしなくてもブラウザが自動的に判断します。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">


●別ページへの自動ジャンプと画読み込み

またジャンプ先urlを指定しない場合には、その文書を再読み込みします
<meta http-equiv="refresh" content="5">

5秒後にaaa.htmに自動的にジャンプします。
<meta http-equiv="refresh" content="5; url=aaa.htm">


●キャッシュの制御と有効期限の指定
文書がブラウザにキャッシュされないようにします。 また、文書のキャッシュが消去される時刻を指定します。
※GMTとは「グリニッジ標準時」を表し、YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD の書式とは異なります。 上の例ではグリニッジ標準時2002年8月31日17時35分42秒にキャッシュが消えるよう指定しています。

<meta http-equiv="pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">
<meta http-equiv="expires" content="Sat, 31 Aug 2002 17:35:42 GMT">



●文書の作者を表記
その文書の作者を表記します。

<meta name="author" content="山田太郎">

●文書を作成したエディタを表記
その文書を作成したエディタを表記します。ホームページ作成ソフトを使用した場合は自動的に記入されます。

<meta name="generator" content="notepad">

HTMLソース
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta name="author" content="山田太郎">
<meta name="keywords" content="料理,食べ歩き,観光">
<meta name="description" content="山田太郎の食べ歩き情報をお届けします。">
<meta name="robots" content="all">
<title>山田太郎の食べ歩きのページ</title>
<link rel="stylesheet" href="/style.css">
</head>
<body>
コンテンツ・文書
</body>
</html>



HTMLの一般属性

属性説明
class="~"クラス名を指定。使用例
id="~"IDを指定します。使用例
style="~"スタイルシートを直接記述。使用例
title="~"タイトルを指定します。
dir="ltr|rtl"文字の表示方向を指定。 ltr(左から右)、rtl(右から左)
lang="~"言語を指定。日本語の場合は"ja"