WEB技術の辞書・解説・使用例

TOP > HTML >  HTMLタグ辞典 >  <script>
<script>  スクリプト 

JavaスクリプトやVBスクリプトなどのプログラムを記述するためのタグ。

HTML4.01 では language 属性は使用しません。



パラメーター

●type="xxx" …JavaScriptの場合は "text/javascript" と記述。
●src="xxx" …スクリプトへのパスを指定します。(外部ファイルを使用する場合)
●language="xxx" …HTML4.01では使用しません。例 <script language="JavaScript">~</script>

ヘッダーへの記述

HTML4.01 では、HTML のヘッダ部に、
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
を記述することが推奨されています。

非対応ブラウザへの配慮

スクリプト部分を<!--~//-->で囲んでコメントアウトすることで非対応の対応していないブラウザでも、ソースが表示されてしまうことを回避できます。

外部ファイル指定

プログラムのソースが長い場合など .jsファイルを作成し外部ファイルとして読み込むことができます。
その場合 <script type="text/javascript" src="aaa.js">コード</script> のようにsrc属性を用います。

サンプルコード

<script type="text/javascript">
<!--
document.write("ブラウザの名前・・・・・・・・・" + navigator.appName + "<br>");
document.write("ブラウザのコード名・・・・・・" + navigator.appCodeName + "<br>");
document.write("ブラウザのバージョン・・・・" + navigator.appVersion + "<br>");
document.write("プラットフォーム・・・・・・・・・" + navigator.platform + "<br>");
//-->
</script>

外部ファイル test.js での実行例

<script type="text/javascript" src="test.js"></script>



HTMLの一般属性

属性説明
class="~"クラス名を指定。使用例
id="~"IDを指定します。使用例
style="~"スタイルシートを直接記述。使用例
title="~"タイトルを指定します。
dir="ltr|rtl"文字の表示方向を指定。 ltr(左から右)、rtl(右から左)
lang="~"言語を指定。日本語の場合は"ja"